日付

By Type

  • イベント (11)

By Topic

By Industry

By Product Category

By Event Type

By Language

  • 日本語 (11)
Displaying 1 - 11 of 11

イベント

Cortex XDR 体感ウェビナー

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。一方、各種セキュリティツールが導入され、SOC/運用チームは多数のアラートを処理することが不可能に近い状態になっています。 パロアルトネットワークスが提供するCortex XDRでは、次世代ファイアウォールやPrisma Accessからのログをクラウド上で解析し、機械学習によるNTA(Network Traffic Analysis)やUBEA(User and Entity Behavior Analytics)を実現し、今まで発見できなかった高度なサイバー攻撃や、不正な行動を早期に検知することができます。 また、エンドポイントにエージェントを導入することで、エージェント上でNTA / UBEAに加え、EPP(Endpoint Protection Platform)やEDR(Endpoint Detection and Response)を実現、サイロ化された管理を統合することでアラート数を1/50に低減します。 本体感セミナーは、講師が準備する実機デモを視聴頂くことで、実際の動作を体感頂きます。
Online

イベント

次世代ファイアウォール実践セミナー Vol.2 DNS Security

現在広く遍く使われている"DNS" そこに対するセキュリティはあまり考慮されていません。 しかし、そこを逆手にとって脅威はやってくる・・・ このDNSに対するセキュリティを適用することで多くの脅威から守ることが可能です。 今回は次世代ファイアウォールで利用可能なDNSセキュリティの概要、動作について解説していきます。
Online

イベント

PAシリーズによる暗号化通信復号

官公庁・公共機関様、及びご担当パートナー様向けに、PAシリーズによる暗号化通信復号についてのWebセミナーを実施致します。   SSL通信の比率は業種問わず増加しておりますが、一方で攻撃の温床になってしまうこともあります。 官公庁をはじめ公共機関においては、SSL通信の比率が増えるのと併せ、前回統一基準改版時において、情報システム運用時の監視等の運用管理機能要件へ、監視するデータが暗号化されている場合の復号要件が追加され、対策をされているところも多くおられるかと思います。 復号化の為だけに別装置を導入されていることも多いかと存じますが、既に広くご利用頂いております弊社PAシリーズ単体で復号とセキュリティの両方を対策頂けます。 今回はPAシリーズでの暗号化通信の復号化について、その機能や性能、ご利用頂く際の留意点等についてご紹介致します。
Online

イベント

Cortex XSOAR(旧DEMISTO) 体感ウェビナー

サイバー攻撃はより複雑さを増し、それに対応するためのセキュリティ人材不足は深刻な状況になっています。一方、各種セキュリティツール同士は直接連携することができず、各種デバイスから発生する大量のアラートに応じて、SOC/運用チームは多数のユーザアクションを繰り返す必要があり、処理することが不可能に近い状態になっています。 SOAR(Security Orchestration Automation and Response)であるCortex XSOARはこのようなセキュリティ運用の自動化に加え、インシデント管理や柔軟なレポーティング、調査の迅速化を行うための仕組みを提供します。 DEMISTOからCortex XSOARに製品名称され、脅威インテリジェンス管理機能も加わり便利になったCortex XSOARについて是非この場でご確認ください。 本ウェビナーでは、Cortex XSOARにより実現するメリットとユースケースに加え、講師が準備する実機デモを視聴頂くことで、実際の動作を体感頂きます。
Online

イベント

サイバー セキュリティにパラダイム シフトを引き起こすインテリジェントなネットワーク セキュリティ

Please join us on May 19th from 9:00am to 1:00pm for the PSE associate platform prep and online testing.   SLR Best Practices + Prep for PSE Platform Associate and take exam. Target Audience: Partner SE's Prerequisites: PSE Foundation Certification + 101 course completed (or ACE certification plus review of 101)
ON24 Webinar

イベント

次世代ファイアウォール実践セミナー Vol.3 SSL Decryption

 暗号化トラフィックが大半を占め、可視化による通信のコントロールや十分なセキュリティ対策が難しい時代になってきました。 復号化の重要性が騒がれる中、いつか誰かがやらなければなりません。でも、 〇実装できる復号化方式はどう違うの? 〇実際どうやって設定すればよいのか? 〇そもそもどういったところを考慮すればいいのか? など、思うところはたくさん。 本セッションでは、そんな皆さんへパロアルトネットワークスが誇るPAシリーズで実践する復号化について、改めて解説致します。
Online

イベント

新たな脅威: モノのインターネット(IoT)

Online

イベント

次世代ファイアウォール実践セミナー Vol.4 Policy Optimizer

アプリケーションの多様化により、従来のポートベースによるポリシー運用では制御できない危険なアプリや脅威が増加しつつあります。現代のニーズに適したL7レベルのポリシー運用に切り替えましょう。 本セッションでは簡単に切り替える方法をご紹介します。 ◯運用中のファイアウォールルールを最適化したい ◯アプリケーションレベルでのポリシー運用に簡単に切り替えたい
Online

イベント

急変する環境に備えよ!リモートワーク時代のセキュリティ最適化ウェビナー

"DX(デジタルトランスフォーメーション)"、"クラウドシフト"が聞きなれたキーワードとなった一方で、リモートワークの急速な普及により、IT利用環境の急激な変化という事態に企業は直面しています。 また、ますます多様化・複雑化するサイバー脅威の攻勢はこの状況からさらに猶予を奪っています。 本ウェビナーではこのような状況のなかで企業が向き合うべき情報セキュリティの課題と対策の明確化の一助となるべく、その具体策をご紹介いたします。
Online

イベント

「セキュリティのシフトレフトを徹底解説」CI/CD、コンテナ、オーケストレーションにおけるセキュリティ自動化ソリューションPrisma Cloudのご紹介

DevOps、SRE(Site Reliability Engineering)導入が進む中、アプリケーションの開発、リリースサイクルにおいて可能な限り人的な作業を排除し、自動化・機械化することによるクラウド利用のメリットを追求する企業が増えています。   セキュリティ監査をアプリケーションリリース後の運用環境で導入するだけではなく、CI/CDパイプラインからコンテナ環境へのデプロイメントまでの各フェーズにセキュリティ診断機能を無理なく導入する方法に関して、Prisma Cloudの優位性をデモを交えながらご説明いたします。
Online
Displaying 1 - 11 of 11